放置されてる解析データ

解析データ

tekstでサイトをつくったクライアントさまには、
解析レポートを定期的におつくりしてご訪問・打ち合わせを行っています。
数字をとって分析・改善できるのがWebの強みのひとつですからね。

せっかくとった貴重なデータなので、それを使って
サイトを改善していくのは当たり前だと思うのですが、
そうでないところも多いようで…

*

tekstでは、新規のホームページ制作だけでなく、
リニューアルのお問い合わせやご依頼もよくいただきます。

リニューアル前のサイトを見せていただくと、だいたい「Analytics」は
入ってるんですが、そのデータは活用されていないことがほとんど!
(たまに見るだけとか、データ取ってること自体知らなかったとか)


これは本当にもったいないです!ヒントがたくさん詰まってますよ。


クライアントは当然Webに詳しくない方も多いので、
以前の制作会社が不親切だったのかもなぁと思います。
とりあえず組み込んで、納品時に軽く説明して放置、とか?

クライアント側が必要としなかったのかもしれないし、
つくるだけで運用は苦手な制作会社だったかもしれない。
でも、これからのWeb制作でデータ解析・活用は必須だと思います。
運用・改善あってこそのWeb。結果が出ると本当に楽しいですし。

*

そんなこんなで、今まで放置されてた可哀想なAnalyticsでも、
tekstでリニューアルする際にはうまく活用いたしますのでご安心をば。
(新規制作の場合ももちろん最初からきっちり組み込みます!)


ということで、次は「解析データの活用」についてちょっと書きます。
が、お腹が空いたのでとりあえずうどんを食べに行ってきます。

tekst

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)